#

イタリアのラグジュアリーブランド『Tod's』の全国マネージャーミーティングにて、【周りの人を巻き込む影響力のある人物になる方法】というテーマで、講演させていただきました。

もしあなたが、2つの中からどちらかを得られるとしたら、どちらを選びますか?

1、自分の仕事がうまくいく方法
2、周りの人を巻き込む影響力

人は、決して1人では生きていけません。より豊かなWorking Lifeを送るためには、より多くの協力者を得る必要があります。協力者とは、上司、同僚、部下、クライアント、カスタマーだけに限らず、家族、友人なども含め、あなたに関係する全ての人が対象者となります。
この中から、一人でも多くの協力者を得るために必要なのが、「影響力」なのです。この「影響力」を持つということは、言い換えるならば、自分の思い通りに人が働いてくれると言うことです。
言葉で影響を与える方法もあれば、行動によって影響を与える方法もあります。いずれにせよ、そのどちらにも共通することがあります。

それは、「与える」ということです。あなたは、周りの人に何が与えられるでしょうか?

何か物理的な物でしょうか?それともお金でしょうか?これらも与えれば影響力を持ちます。しかし、与えられる物はそれだけではありません。充実感、満足感、達成感などのポジティブな感情を与えることもできますし、夢、希望、幸せというような、素晴しい未来を与えることもできます。

人種差別の廃止を訴え、「I Have a Dream」で知られる有名なスピーチを行ったキング牧師こと、マーティン・ルーサー・キングJr.は、1956年にバスボイコット運動を始め、1963年には25万人を動員するデモ集会を行いました。これらの活動の結果、翌年、人種、宗教、性、出身国による差別を禁止する「公民権法」が成立しました。

このように、より多くの人に、より多くのより素晴しい物を与えられる人は、より多くの協力者を得て、より大きな仕事を実現していくのです。

もし、あなたの周りの全ての人が、あなたに協力する!といってくれたならば、あなたのWorking Lifeはどれほど充実したものになるでしょうか?